• ホーム
  • バルトレックスはヘルペス治療に効果的な薬

バルトレックスはヘルペス治療に効果的な薬

心配している男性

単純ヘルペスウイルスによる感染症のことで、通称、ヘルペスと呼ばれています。
単純ヘルペスウイルスは、体のどこにでも感染して発症し、主に水ぼうそう・帯状疱疹・口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどがあげられます。
ありふれたウイルスなので口唇ヘルペスなど、昔は「風邪の華」と呼ばれていました。
感染はウイルス症状が出ている人との接触です。

症状は、小さな水ぶくれができ、痒さや痛みを伴った状態が続いた後、1~2週間ほどで治ります。
一度感染すると、知覚神経節に潜伏して消えることはありません。
ストレスや体調不良など環境の変化により、突如、単純ヘルペスウイルスが活性化し、神経節を伝わって症状が出始めます。
自然にヘルペスが治癒することもありますが、ひどくなってきた場合は抗ウイルス薬を内服します。

内服薬にバルトレックスがあります。
バルトレックスはヘルペスウイルス抗ウイルス薬で、ウイルスのDNAの複製を阻害することで効果が表れ、再発が多い口唇ヘルペスや性器ヘルペスの場合などは、バルトレックスを毎日内服し、抑制療法が行われます。
吸収率が高く、即効性が期待できる薬です。
症状が出てからなるべく早期に薬を服用すると軽症で済ますことができ、神経節に戻るウイルス量が減って再発しにくくなります。

副作用として下痢や吐き気、発疹など、めまいや眠気、頭痛などでることがあります。
ただし、過量になると、意識障害を起こすこともあるので、腎臓病の方や、高齢な方は注意が必要です。

但し、神経節に潜り込んだ単純ヘルペスウイルスを元から根絶することができる方法が見つかっていません。
また、単純ヘルペスウイルスに感染せず抗体をもたないまま大人になって感染すると重症化するケースもあるので注意が必要です。

バルトレックスはこうした症状の治療に用いられ、再発防止にも利用されていますが、薬価が非常に高いことでも有名です。
バルトレックス500mgの1錠あたり550円前後とされており、保険が適用されても3割負担で1錠でも165円になります。
通常は1回2錠の服用で5日間の治療となるのですが、それでも1,650円は必要となり、診察代などを合わせるとかなりの金額となります。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧