• ホーム
  • 陰性菌に有効で予防効果もあるクラビット

陰性菌に有効で予防効果もあるクラビット

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。
腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします。
グラム陽性菌や陰性菌に有効な病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。

クラビットはこの様な細菌に有効に作用します。
上記の他、クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラという細菌にも有効です。
病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。
尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。
旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。

クラビットは病巣への移行がよく、飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示します。
副作用も少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人でも使用可能です。
抗菌スペクトルが広く、呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ、ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジアに対しても有効性を示すのが特徴です。

クラビットの服用中の注意点は、服用中は性行為を行わないことと、クラビット服用後は少なくても72時間以上は、アルコールを飲むことを控えないといけないことです。
このクラビットは、アルコールとの相性が悪いので、吐き気や頭痛がしてきますので、必ず厳守してください。

また、予防薬としても有効な薬です。
呼吸器の状態がおかしい時や、性器の周辺にかゆみがある時などに、すぐにクラビットを服用すれば、発症しかかっていた肺炎や性病などの病気を抑えることができます。
クラビットは、健康な状態で飲んでも、全く悪影響を及ぼしません。
細菌に対してのみ、的確に作用する薬だからです。
その為、多くの医療機関でも、感染予防が目的で処方されています。
クラビットを入手するには、病院で検査をしてもらって保険扱いで処方してもらう方法や、個人の輸入代行で購入することも可能です。